読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝るまでが今日です。

深夜更新です

Tokyo 7th シスターズ

みなさん、「Tokyo 7th シスターズ」は勿論ご存知ですよね?え?ご存知じゃない?は?な、ななななにを言ってやがるんですか!!今すぐダウンロードしなさい!!!今すぐ!!!!!スマートフォンゲーム「Tokyo 7th シスターズ」をダウンロードするのですううううううう

 
 
はい、しましたか?しましたね?あまりの女の子の可愛らしさにサクッとエピソード2.0まで全部見てしまいましたね?よろしい。え?過去のイベントエピソードも気になるけど見れない?
そんなあなたもご安心!!なんと「Tokyo 7th シスターズ」通称ナナシスでは課金さえすれば過去のイベントエピソードを一気に見ることが出来るのです!!ありがとうナナシス!!他のソシャゲも追随しろ!!!!!
 
というわけで粗方ストーリーをご覧いただいた通りナナシスは2034年の世界のアイドルの物語なのです。近未来の世界、アイドルは既に時代遅れなものとして扱われていたーーーそんな世界でアイドルとして頑張る女の子たち話なのです。泣かせますね、世界がどうあろうと自分たちの好きなことをやろうとする女の子たち、泣かせますね。
 
僕自身アイドルが大好きでありますからナナシスの子達には「がんがえ〜〜」と童心に帰った心でエールを飛ばしてしまうわけであります。
 
しかし応援するだけでは満足できません。僕もアイドルになってムスビちゃんとスースちゃんと歌いたいです。新生NI+CORAです。
 
「もう!なんで遅刻したんですか!!」
「ごめんよぉ〜腰が痛くて〜」
「理由になってません!!」
「まあまあムスビ落ち着いて、杏ちゃんもう四十路なんだから」
「ゔゔゔズーズぢゃん゛ん゛」
「ほらもう泣かないで?一緒に頑張りましょう?」
「頑張る゛よ゛お゛〜」
「もう!スースがそうやって甘やかすから!!」
「ムスビちゃんは僕のことがぎら゛い゛な゛んだあ゛〜」
「そんなこといってないでしょ!!私はただ、その……練習開始時間に来なかったから心配になっちゃっただけで……」
「まったく、ムスビも素直じゃないわねえ」
 
みたいな会話をするのです!!!最高!!!!
 
 
2034年には僕は四十路ですし東京オリンピックの年に生まれた子供はJCです。時の流れは速いのです。