読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝るまでが今日です。

深夜更新です

雪は無慈悲な冬の女王

ブログ
高校時代のお話です。
文化祭でクラス劇をやることになりました。脚本、演出は僕です。

困ったことにかなり無茶な注文をつけられました。
1、20人分の役を用意する。
2、主役は2人。
3、台本を覚えられないのでなんとかする。
4、題材は『アナと雪の女王
5、歌唱パート有り。
6、これらを30分の内に纏める。

1と2と4はまだわかります。しかし3と5と6はかなりきつかったです。だって『桃太郎』や『浦島太郎』など全員が知ってる古典ならまだしも『アナと雪の女王』ですよ?前提知識なしですから30分の内に粗方のストーリーをまとめてその上歌唱パート有りだなんて無茶苦茶だと思いませんか?

ですが頑張って書きました。「『アナと雪の女王』を知らない生徒たちがCMなどの知識を頼りに文化祭の劇を考える」という劇を書きました。これならば台本を資料の小道具と見せかけて持たせることができますし、前提知識がなくても楽しめます。
しかし書き上げたあとに言われたのです。


「撤収時間合わせて30分だから実際の劇は半分の15分でよろしくね」










よろしくじゃないがな!!

まあ書きなおしましたよええ、そしたら言われました。
「これアナ雪じゃなくね?」








映画でも見てろよ!!

本当にアナ雪のストーリーなぞって歌唱パート入れたら歌唱パートだけで終わるぞ!!

その後も出てくるわ不満がぞろぞろ。
中には脚本を読まずに「これ理解できない」だの言ってくる人間もいる始末。

更には「これ女キャラを男がやったら面白くない?」

てめえらにそんな器用なことが出来るのかよ!!!

更には「練習3回で良いよね」

ベテラン劇団か!!!


そんなこんなで文化祭は散々でした。本番もグダグダでした。しかし僕がつきっきりで練習を見ていたところは爆笑を掻っ攫いました。ザマアミロ。

そんな散々な文化祭。1番むかついたのがベストパフォーマンス賞(体育館で発表した中で一番優れた団体に送られる賞)を取った後の周りの手のひら返しです。
なにが「劇良かったね」じゃ!!てめえら「つまらない」だの言ってたの知ってるんだからな!!知ってるんだからな!!!!!


あの時に味方になってくれた数人の友人には今でも感謝しています。その節はありがとうございました。

まあ今原稿読んだら「これもうちょっとなんとかできただろ」ってなりましたけどね。
だからその他の人も恨んではいません。嘘です、たまに思い出して無性にイライラします。でもそれ以上に謝りたいです。
なんだかんだ最後まで付き合ってくれましたからね。
すみませんでした。そしてありがとうございました。