読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝るまでが今日です。

深夜更新です

Are You Ready 7th-TYPES??

ブログ

買ってきましたよええ、まあ買ったのは昨日なんですけども。

 

これ本当にすごいですよ。なにが凄いってナナシス楽曲全部盛りなんですもん。

しかもその一部はライブ音源なわけですよ。

はい、ヘッドホンつけて瞼を閉じてスイッチオンそうすればあら不思議、目の前にはライブをする皆さんの姿が!!ってなもんです。VRなんていりません。

 

これがライブ音源の凄さです。ライブディスクももちろん良いですが想像で見るライブの素晴らしさ。僕の想像ライブは凄いですよ。あっ今道井さんがバク天しました。あっ大西さん!!いくらスースの役作りだからってそんな恰好いけません!!!

ってなもんです。

 

ライブ音源の素晴らしさが伝わったところでここからは新曲の感想です。

まずは「ラバ×ラバ」

この曲を初めてフルで聴いたとき僕は「靴が前回と同じって駄目なんだ!」と思いました。凄いですね最早恋愛指南書ですよ。

この曲の肝は女の子が受け身ということです。前回の「SAKURA」も受け身の女の子でしたが今回は受け身なんですけども攻めてる受け身なんですよ。ちょくちょくアピールするけども最後に決めるのは相手からであって欲しいという。

これね!!最高!!!!自分からでなくあくまで相手に言って欲しい乙女心!!!!

もうね最早少女漫画ですよ。

 

続いては「さよならレイニーレイディ」

なんでさ!!!今までいい感じに進んでたやん!!!って感じです。「SiSH」初の別れの曲ですよ!!!そりゃ「SiSH」の楽曲の世界が繋がっているなんてことは僕の妄想の中だけですよ、でもね一曲目も二曲目も電車が出てきたわけですよ。いい感じに恋の始まりを感じさせていたわけですよ!!!それなのにこんな切ない歌を持ってくるナナシスの選択ですよ!!!

しかも腹が立つことにめちゃくちゃいい曲なんですよ。こんなのヘビロテ必死ですよ。目覚ましの音楽に設定します。毎朝咽び泣くのです。

 

続いては「You Can't Win」

小悪魔でアダルトな曲です。ムスビちゃんは曲を重ねるごとに大胆になっていきますね。最初期のムスビちゃんに「この曲歌って」と言ったら絶句されると思います。どんどん柔らかくなっていくムスビちゃん、それもこれもスースやみんなとの絆の力なのでしょうか?

僕はね、スースとムスビちゃんに二人で温泉に行ってきて欲しいんですよ、二人で。

行ってくれませんかねえ温泉。

 

続いては「セカイのヒミツ」

サンボンリボン」の曲は心と世界に焦点が当てられていると僕は思っています。

「たいくつりぼん」では外の世界と呼応する心。

「Clover×Clover」では心を外の世界に映しています。

なんだか小難しいことを書きましたが簡単に言ってしまうと自分の心と自分が触れている世界は繋がっているということです。

「セカイのヒミツ」はワクワクする曲です。歌の中の女の子もワクワクしています。見るもの全てが輝いているのです。これはコロンブスの卵な話だと思います。ワクワクしているから世界が輝いているのか、世界が輝いているからワクワクするのか。どっちが先かわかりません。

まあ何が言いたいかというとこの曲は「よくわからないけど楽しいね」って曲だと思います。うだうだ考える暇があるならばこの歌に合わせて踊った方が絶対楽しいのです。

 

最後は「またあした」

アルバムの締めを飾るこの一曲。

昨日も書きましたがジブリなんですよ。現実世界にハルはいないんですけども「いるかもしれない」と思わせる「素の魅力」があるんですよ。

昨日は篠田さんの声に焦点を当てて書きましたが、歌詞も「いるかもしれない誰か」なんです。

それにしてもこの曲をこのアルバムの最後に持ってくるのはとてつもないことだと思います。

だってさんざん「アイドル新時代」だの言ってズババーンと曲が続いてきて最後が素の女の子ですよ?アコギですよ?口笛ですよ?

もうなんですか?文学?ナナシスは文学なんですか?

 

というわけで新曲の感想は以上です。

 

本当はアルバム全体の話をしたかったんですけど長くなってしまったので今日はここまでです。